花粉症・アレルギー性鼻炎光治療とは?

花粉症・鼻炎光治療は 花粉症やアレルギー性鼻炎の治療のための革新的な治療方法です。 これは、ステロイドなどの薬をまったく使用せず、花粉症やアレルギー性鼻炎・ハウスダストアレルギー・ペットアレルギーを治療する療法です。

一般的な花粉症、アレルギー性鼻炎の治療法は、抗ヒスタミン薬や充血除去剤、鼻スプレー、ステロイド点鼻薬などを使用します。 これらの治療法は、一時的な症状の改善をもたらしますが、逆にさまざまな副作用を伴うことがあります。

花粉症・鼻炎光治療は、とても安全な治療方法です。 光を当てるだけで、まったく薬を使わずに、花粉症やアレルギー性鼻炎を治療することができるのです。

花粉症・鼻炎光治療は、臨床試験を受けており、その結果は、ほとんどの患者のアレルギー症状を大幅に緩和するものでした。 症状によっては数時間で和らぐものもあり、消散さえすることもありますが、 日数を要する場合もあります。

なぜ、世界で550,000台以上の販売実績を持つのか? その花粉症・鼻炎 光フォト治療器の効果をあなたも、ぜひお試しください。

光治療では何が治療できるのですか?

花粉症・鼻炎光治療は、花粉症、アレルギー性鼻炎 、ペットアレルギー、ハウスダストアレルギーが治療できます。

それは、臨床試験により医学的に証明されています。

※臨床報告参照

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎などの鼻道の炎症は、くしゃみ、鼻水、鼻や目のかゆみ、全身の疲労感を引き起こします。

  • 繰り返し起こる くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻・目・喉のかゆみ
  • 鼻づまり
  • 目の充血
  • 疲労
  • めまい・頭痛

花粉症・アレルギー性鼻炎の要因

通年性、季節性のアレルゲンはアレルギー性鼻炎を引き起こします。ダニや、ゴキブリ、カビや動物の毛は、年間を通してアレルギーを引き起こします。 樹木は、杉、イネ科植物、などが季節性の屋外アレルゲンです。季節アレルゲンの花粉は、風で運ばれます。 このアレルギーは、一般的に"花粉症"として知られています。

動物性のアレルゲンも重要な室内のアレルギー誘発物質です。ペットアレルギーのうち、猫アレルギーのアレルゲンは猫の皮膚の皮脂腺から分泌されます。 これらの小さく軽いタンパク質は、空気中で最大6時間も滞在します。猫が部屋から居なくなっても、その後、数ヶ月もの期間において 測定することができます。

あなたが上記のいずれかに苦しんでいるなら、花粉症・鼻炎 光フォト治療は最適な解決策です!

花粉症・鼻炎 光治療の技術解説

花粉症・鼻炎 光治療の光線は、アレルギー反応の治療のために最近開発されたものです。 これは、可視光源(赤色光、630nm)を短波長で使用します。 その光を、正確に患部にあてることが、とても重要(特許技術)です。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状の抑制と、鼻の粘膜の感度の低下は、 この波長のみが効果を発揮します。

これまでは、これらの方法は高価で専門医療機関でしか治療が行えませんでした。これからは、 自分たちの家庭、オフィス、または外出先で、 簡単に快適に治療を行うことができるようになりました。

花粉症・鼻炎 光治療は鼻アレルギーの治療だけに有用なのではありません。研究によると630nmから880nmの近赤外線(NIR)光は、 以下のような治療に使われています。これらの研究のいくつかは、NASAによって行われたものです。

1. 放射線療法後の免疫の低下した小児における重度口腔内潰瘍の治療
2. 糖尿病性潰瘍などの慢性創傷の治療
3. 潜水艦乗組員の表在外傷と重度擦過傷の治療
4. 表皮開放創と結合組織創傷に対して組織の修復を早める
5. 歯科インプラント周囲の骨再生を早める。

花粉症・鼻炎 光治療のメカニズム

アレルギー性鼻炎は、アレルゲン(ほこり、カビ、花粉、細菌)が鼻に侵入して起こります。そして、アレルゲンは鼻の内側の細胞に接触します。 花粉や埃のようなアレルギー誘発物質を吸い込むと、抗体の生成が誘発されます。このような抗体は、ほとんどがヒスタミンが含まれた肥満細胞に結合します。 肥満細胞が花粉や埃によって刺激を受けると、ヒスタミン(およびその他の化学物質)が放出されます。ヒスタミンは、くしゃみ、腫れ、痒み、鼻づまり、粘膜産生物の鼻水を引きおこします。

症状は人によって違います。非常に感受性の高い人は蕁麻疹やその他の発疹が出ることもあります。

アレルギー性鼻炎に関しては、低レベルナロードバンド(低狭帯域)光を組織に照射すると酸化窒素の産生が促進されます。一酸化窒素による刺激は全身への作用があり、 血管を弛緩させ、血圧を調節し、血流を改善します。さらに重要な点は、一酸化窒素が、ヒト肥満細胞からのヒスタミン放出を阻害することが確認されたことです。 それは、アレルギーの治療に使われる抗ヒスタミン剤に似た働きをするのです。

さらに、喘息、鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は、酸化ストレスによって仲介されるという証拠があります。活性酸素種への過度の曝露は、 酸化ストレスを生じさせるのが特徴です。その結果、蛋白質、脂質およびDNAが損傷します。これまでの研究によりアレルギー反応は活性酸素種の増加と関連づけられました。

研究では、ヒトの血液における活性酸素種が630nm、820nm、880nm、950nmの波長のダイオードレーザー照射後、おそらくスーパーオキシドジスムターゼの活性化、 あるいはカタラーゼの活性化の結果として抑制されたことが示されています。従って低レベルナロードバンド(低狭帯域)光で組織を照射すると活性酸素種が抑制され、 その結果アレルギー症状が低下すると考えられます。

バイオネットの特徴

バイオネットの特徴



30日間返品OK

ご利用の皆様の声

メディア紹介

2014年3月10日
NHK【マサカメTV】で花粉症治療器バイオネットをご紹介していただきました!

2014年1月31日
【女性自身】2月11日号の花粉症対策特集で バイオネットをご紹介していただきました!

2013年3月28日
YTV【ダウンタウンDX・SP】スターお買いものランキング内でタレントの東幹久さんがご愛用中とご紹介頂きました

2013年2月19日
TVh【道新ニュース】花粉症特集でバイオネットが紹介されました

2011年1月12日
フジテレビ【とくダネ!】花粉症特集でバイオネットが紹介されました

バイオネットニュース

2015年4月2日
 バイオネットは、現在イングランドのブーツで販売されています。

ブーツとは、健康と美に関する商品を扱っている世界最大のサイトです。

2015年2月21日
バイオネットのパッケージが新しくなりました。

パッケージが新しくなり、ケースに電池をいれることが出来ます。

箱も従来のものよりコンパクトとなりましたので、保存に場所をとりません。

※効果や本体の仕様に変更は御座いません。


購入はこちら